ヤフー検索結果が激変!!キーワード近接度で順位が変動

|

スポンサードリンク

ヤフー検索結果が激変!!キーワード近接度で順位が変動

 

今回のYahoo!の順位変動で大きく順位を落としたサイトには特徴があって、それはトップページのキーワード近接度が高いということらしい。

11月のYahoo!の順位変動について分析した結果でたものだそうです。

 

【引用】

 数週間にわたって分析したところ、検索結果が極端にダウンしたサイトには共通の特徴があることがわかりました。

 それは「トップページのキーワード近接度が高い」ということです。

【引用ここまで】 

 

あまり近くにキーワードを複数回だすと、あまりよろしくないとのこと。

記事によれば『英語』というキーワードを考えた場合、『英語を学ぶなら英語学習の鈴木英語塾へ!』とやってしまうとダメらしい。

 

キーワードの連続書き込みはダメというのは昔から言われていたことですが、昔は『英語英語英語英語』みたいなことをやっていたサイトもあったりして、非常識なものにペナルティという感覚だったと思うのですけどね。

 

『英語を学ぶなら英語学習の鈴木英語塾へ!』くらいならやっているサイトいっぱいあるんじゃないでしょうか。

確かに多いといえば多いのかもしれませんが、ちょっと厳しすぎるような気もしますね。

 

参照記事:ヤフー検索結果が激変!!キーワード近接度で順位が変動(ダイヤモンド・オンライン)

http://diamond.jp/series/seo/10004/?page=1

 

スポンサードリンク

インターネットビジネス関連情報ガイドTOPへ戻る